地震後は雨漏りが発生しやすいので注意が必要
原因がわからない雨漏りも業者に任せて安心
現地調査で費用や修理箇所の確認をする
応急処置で被害の拡大を防ぐ

雨漏り修理をする際は無料現地調査を利用しましょう。

現地調査で費用を確認する

点検

無料の現地調査を行なうことで、雨漏り修理にかかる費用を確認することができます。ここでは現地調査の流れを紹介していきます。

連絡をする

まず最初に目的に合わせて業者に連絡します。「雨漏り対策を行ないたい」、「防水工事をしたい」など希望する内容を伝えます。依頼だけではなく相談や質問をすることもできるため、気になることがあった場合は気軽に問い合わせてみましょう。

無料の現地調査

問い合わせをした後は現地調査を行ないますが、お客様と一緒に現況を確認しながら進めていくので修理が必要な場所や対策方法などを把握することができます。自分で調べることが難しい場所の確認も行なえることから、雨漏りの原因をすぐに特定できます。

報告と見積もりの提示

現地調査で修理が必要になった場合、見積もりを提示します。要望や現状に合わせて料金設定を行ない、適切な料金を出します。見積もりで出した料金以外に追加料金が発生することがないため、安心して利用することができます。

まとめ

無料現地調査をすることで費用や修理が必要な場所を確認することができます。被害状況を正確に調べられるので、不安な場合はまずは無料現地調査を行なってみましょう。

地震保険で雨漏り修理できるのか?

地震によって突然の雨漏りが発生した場合、地震保険が適用される可能性があります。雨漏りは保険の対象外だと思う人は多いですが、まずは専門家に相談することが大切です。雨漏りが発生する原因によって保険の適用が決まりますが、自分で判断するのは困難になります。しかし、保険が適用されるとわかっても原因が起きた時から3年間までしか適用されないので注意が必要です。地震によって壁に亀裂が入った場合や、台風で屋根が傷んでしまった場合は専門家や保険会社に連絡しましょう。



TOPボタン